不法投棄をなくそう

不法投棄は法律で禁止されています


不法投棄は廃棄物の処理及び清掃に関する法律で禁じられており、違反した場合には重い罰則が課せられます。近隣の迷惑になることはもちろん、環境にも大きな影響を与えます。

不法投棄に関する法律条文
廃棄物の処理及び清掃に関する法律(昭和四十五年十二月二十五日法律第百三十七号)

 (投棄禁止)
第十六条  何人も、みだりに廃棄物を捨ててはならない。

第二十五条 次の各号のいずれかに該当する者は、
五年以下の懲役若しくは千万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。 
一~十三 (略)

十四 第十六条の規定に違反して、廃棄物を捨てた者

第三十二条 

法人の代表者又は法人の代表者又は法人若しくは人の代理人、使用人その他の従業者が、その法人又は人の業務に関し、次の各号に掲げる規定の違反行為をしたときは、行為者を罰するほか、その法人に対して当該各号に定める罰金刑を、その人に対して各本条の罰金刑を科する。
一  第二十五条第一項第一号から第四号まで、第十二号、第十四号若しくは第十五号又は第二項 一億円以下の罰金刑
二  第二十五条第一項(前号の場合を除く。)、第二十六条、第二十七条、第二十八条第二号、第二十九条又は第三十条 各本条の罰金刑


 

不法投棄をなくそう!

海老名市では不法投棄をなくすために、環境パトロール実施や警告看板の設置をはじめとして、自治会や郵便局、タクシー会社と連携を取り、不法投棄等を発見した場合に、市へ通報してもらうようにしています。しかしながら、不法投棄は後を絶たないのが実情です。

不法投棄者を発見した場合には、海老名警察署または資源対策課までご連絡ください。市民のみなさんのご協力をお願いします。

※もし投棄車両のナンバー等もわかれば、併せて通報してください。

ダウンロード

お問い合わせ

経済環境部 資源対策課
Tel (直通)046-235-4922管理係/4923資源対策係

>>お問い合わせフォーム

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)