食った! 食った!

 昔あるお寺に、たいそう頓智のよい小僧が住み込んでいた。ある日のこと、檀家からご本尊様へ上げてくださいと、重箱いっぱいにつめたぼた餅が届いた。和尚さんの言いつけで、ご本尊にそれを上げた小僧はもう食べたくてたまらない。
 そのうちに和尚が小僧に「わしはな、檀家に用事があるから出かけてくるでな。わしが戻るまで決して手を出すでないぞ」といって出かけていった。
 そう言われ、ひとりになるとますます喉から手が出そうになった。とうとう辛抱ができず、一つぐらいならわからないだろうと手を出した。一度味をしめてしまってはもう腹の虫がおさまらず、また一つ、また一つと、とうとう全部平らげてしまった。
 そろそろ和尚さんが帰るころになって、小僧は何と言い訳をしたらいいかと困ってしまった。そして考え抜いたあげく、重箱の隅に残っているあんこを指にとって、本尊様の口の回りにべたべたと塗っておいて、知らん顔をしていた。
 やがて帰ってきた和尚は「さあさあ、あのぼた餅を下げておいで。二人でいただこう」と言いつけた。小僧は真面目くさって、「はい」と答え、ぼた餅を下げに行き、ころを見計って、「大変だ!大変だ!」と言ってすっ飛んできた。
 和尚が、「なんだ、なんだ」と聞き返すと、「ぼた餅を本尊様がみんな食べてしまいました」と空の重箱を見せたのだった。
 和尚さんがびっくりして飛んでいって見ると、なるほど本尊様の口もとにあんこがいっぱい付いているのでないか。和尚さんは怒って、「とんでもない本尊だ。こうしてやる」と、木魚のばちで本尊を殴った。すると金属性の本尊様は「くわーん、くわーん」と音をあげた。
 小僧はすかさず、「『食わん、食わん』と強情を張っていますよ」と和尚さんをけしかけた。和尚さんはますます腹を立て「今度はこうしてやる!」とばかり、ご本尊を庭の池に投げ込んでしまった。すると、そのために起こった波紋が池の岸に当たって、「くったあ、くったあ。くったあ、くったあ」と音を立てた。
 ここで小僧は、「和尚さん、本尊様が『食った、食った』と白状していますよ。許して上げておやりなさい」と言った。
 それで和尚さんも気持ちが収まり、本尊様を池から拾い上げてもとのとおりに須弥壇におまつりした、ということである。

お問い合わせ

教育委員会 教育部 教育総務課 文化財係
Tel (直通)046-235-4925文化財係/233-4028温故館(郷土資料館)/232-3611歴史資料収蔵館

>>お問い合わせフォーム