竜灯の松

竜灯の松 国分に「お観音さま」とも「水堂」ともよばれている清水寺があります。現在は、龍峰寺と一緒になっています。この清水寺の仁王門の前に今から百年ぐらい前まで大きな素晴らしい松がそびえ立っていました。「竜灯の松」と呼ばれたこの松にまつわる話を紹介します。 

 清水寺からそれほど遠くない所に目久尻川をせきとめてつくられた滝がありました。この滝に一匹の竜が住んでいました。竜は夜になると清水寺に行き、大きな松の一番高いところに、仏様の教えをしめす明かりをあげて、お観音様につかえていました。村人は、毎夜この松にあがる明かりを見て、喜び、この松を「竜灯の松」と呼んで大切にしました。竜灯とは、竜の灯(あかり)という意味です。 

 ある年のことです。
 茅ヶ崎の漁師が漁に出たところ、天気が急に変わり大あらしになってしまいました。舟は沖へ沖へと流されていくので、漁師は一生懸命こいで陸地に戻ろうとするのですが、自然の力にはかないません。そのうちとうとう夜になってしまい、どの方向に舟をこいでいったらよいかわからなくなりました。漁師はこぎ疲れて舟の中に倒れてしまいました。 

 すると夢の中に、日ごろ信仰していた水堂の観音様がお姿を現され、「わたしがあなたを助けてあげます。この松の明かりを目指して、こいできなさい」と竜灯の松を示しました。ぱっと目をさました漁師は、ありがたい観音様の教えだ、と勇気を振るい起こして、はるか北に見える竜灯の松を目指してこいでゆき、陸地につくことができました。 

 今は竜灯の松のあともありませんが、竜灯の松をえがいた大きな絵馬や記念碑が残っています。 

(こどもえびなむかしばなし第1集より)

お問い合わせ

教育委員会 教育部 教育総務課 文化財係
Tel (直通)046-235-4925文化財係/233-4028温故館(郷土資料館)/232-3611歴史資料収蔵館

>>お問い合わせフォーム