彦六ダブ

彦六ダブ 昔、下今泉の鶴松に彦六という働き者で親孝行の若者が住んでいました。年の暮れのある日、彦六は正月用の門松を切りに、鳩川沿いの松林へ出かけました。
 その日は、買ったばかりの新しいナタを持って行き、手ごろで形のいい松を探して歩きました。なかなか適当なものが見つかりません。ふと、ふりかえると、さっき見たはずのあたりに素晴らしく形のいい松が立っているではありませんか。「おかしいなあ、さっき見たのに」と思いながらもその松を切ろうとナタをふるいました。ところが、カチーンと金物をたたくような音がして、ナタははねかえされ、川の中へ飛んでいってしまいました。
 川に落ちたナタが惜しくて彦六は冷たい水の中に飛び込みました。いちばん深いところまでもぐって探していると、川の底にとてもきれいな女の人が立っているではありませんか。その人は彦六の顔を見てにっこり笑い、「どうしてここへいらっしゃったの?」とたずねました。彦六がナタのことを話すと「ああ、それならうちの女中がさっきひろって来ました。うちへいらっしゃい」と彦六を自分の家へ案内しました。
 美女の家へ着くとびっくり。今まで見たこともないような立派な御殿です。美女が手をたたくといろいろなごちそうを運んできました。
 あまりに居心地がいいので、彦六は三日三晩そこでやっかいになってしまいましたが、「家では心配しているだろうなあ。今までだまって家を空けたことはなかったんだから」と、そろそろ家のことが心配になりました。
 美女はすぐ彼の気持ちを知って「あなたはお家が恋しくなったのでしょう。無理におひきとめはしません。記念に私が大切にしている手文箱をあなたにあげます。この箱には”すずめの空音”という宝の玉が入っています。私に会いたくなったら、この玉を振ってください。世間の様子が知りたければこの玉が話してくれます。またこの玉を通してすずめと話すこともできます。でもこのことは絶対秘密にしてくださいね」と、きれいなその箱を彦六に渡しました。
 さて、地上ではすでに三年の歳月がたっていました。彦六が家の中へ入って行くと、家の人たちは幽霊ではないかと驚きのあまり声も出ないほどでした。しかし、彦六が本物であることがわかると大喜びしました。
 そして、彦六の話を聞いているうちに、おみやげにもらってきた手文箱の中身を知りたくなりました。「中をあけて見せてくれ」と迫りますが、彦六は美女との約束を思い出して断ります。しかし、家の者があまりにしつこいので、とうとう箱をあけてしまいました。
 すると空は急に黒い雲におおわれ、ものすごく大きな雷が鳴り出し、彦六も箱もいっぺんに消えてなくなりました。
 その夜、みんなは同じ夢をみました。それは天女のような美女に彦六が手を引かれて、空高く雲の彼方へ飛び去っていく夢でした。 

(こどもえびなむかしばなし第1集より)

お問い合わせ

教育委員会 教育部 教育総務課 文化財係
Tel (直通)046-235-4925文化財係/233-4028温故館(郷土資料館)/232-3611歴史資料収蔵館

>>お問い合わせフォーム