国民年金に関する届出について

国民年金

      
 「安心できる老後」のための国民年金

       
 国民年金は、国が運営する公的な年金制度で、来るべき高齢化社会に備え、すべての方が共通した年金を受けることを目的にしています。
 老齢、障害、遺族基礎年金を設け、自営業の方だけでなく、サラリーマン・公務員などの配偶者の方も加入します。
 あらゆる分野で高齢化対策が実施されている中、一つでも安心できるものを、将来の自分自身のために備えましょう。


 <加入資格>  

 日本国内に住所のある20歳以上60歳未満の方は必ず国民年金に加入します。
 国民年金の加入者は、次の種類に分かれています。

○強制加入被保険者 
 ▽第1号被保険者 自営業者やその家族、大学・専門学校等の学生など 
 ▽
第2号被保険者 会社員・公務員など(厚生年金加入者) 
 ▽
第3号被保険者 第2号被保険者に扶養されている20歳以上60歳未満の配偶者の方 

○任意加入被保険者
 ▽20歳以上65歳未満の方で、海外にお住まいの日本人の方 (第2号、第3号被保険者を除く)
 ▽日本に住所がある、60歳以上65歳未満の方で、
老齢基礎年金を受けていない方 
 ▽昭和40年4月1日以前に生まれた60歳以上70歳未満の方で、老齢基礎年金の受給資格期間(原則25年)を満たしていない
方(受給資格期間を満たすまでの期間に限られます。) 
 ▽日本に住所がある、20歳以上60歳未満の方で、厚生年金保険や共済組合等から老齢(退職)年金を受けている方

※平成29年8月1日から、老齢年金を受け取るために必要な受給資格期間が25年から10年以上に変更されます。資格期間が10年以上あれば老齢年金を受け取ることができるようになります。

 <年金各種届出>

 
下記のような場合には、届出が必要になります。
 ▽20歳になって初めて加入するとき 
 ▽会社を辞めたとき(厚生年金をやめたとき) 
第1号被保険者への変更手続きが必要です
 ▽住所・氏名が変わったとき(保険料を口座振替にしていた方は金融機関の手続きも忘れないように)
 ▽保険料を納めるのが困難なとき 申請免除・学生納付特例・納付猶予制度の申請をしてください
 ▽年金を受けようとするとき(本人からの請求が必要です)
 ▽死亡したとき(死亡一時金・遺族基礎年金が請求できる場合があります)
 ▽年金を受け取っている銀行や郵便局の口座を変えるとき 
 ▽年金証書をなくしたとき 

 ※手続きの際は、届出の内容によって、年金手帳のほかに添付書類が必要な場合があります。また、土曜開庁時には一部お取扱できない届出もあります。詳しくは保険年金課国保年金係に直接お問い合わせください。


<免除>

○法定免除
 生活保護法による生活扶助を受けている方
 ▽障害年金(1・2級)の受給権者
 ※いずれかに該当した場合は市役所保険年金課へ届出が必要です。届出により国民年金保険料が免除になります。
 ※本人が希望すれば保険料の納付や前納が可能になりました。


○申請免除(全額免除・4分の1免除・半額免除・4分の3免除)
 ▽本人、世帯主及び配偶者の前年所得が一定額以下の方
 ▽天災、失業等の理由で国民年金保険料を納付することが困難な方
  ※いずれかに該当した場合で免除を希望する方は、市役所保険年金課へ申請してください。
  ※失業を理由とするときは、次のいずれかの添付が必要です。
      〇雇用保険受給資格者証の写し
      〇雇用保険被保険者離職票の写し
      〇雇用保険被保険者資格喪失確認通知書の写し等                     

<学生納付特例>

 
学生の方で、本人の前年中の所得が一定額以下の場合は、申請すればその期間の保険料の納付が猶予される「学生納付特例制度」が受けられます。

 ▽対象となる学生
 大学(大学院)、短大、高校、専門学校、専修学校及び各種学校等
 ※夜間、定時制課程や通信課程の学生の方も含まれます。
 
※各種学校の場合は、修業年限が1年以上で、都道府県等の認可を受けている学校が対象となりますので、申請時にご確認ください。

<納付猶予>
 
 5
0歳未満の方(学生納付特例の対象者を除く)で、本人および配偶者の前年中の所得が一定額以下の場合は、申請すれば保険料の納付が猶予されます。平成37年6月までの時限措置です。平成28年7月分の国民年金保険料から対象年齢が50歳未満の方に拡大されました。
 

 ※申請免除・学生納付特例・納付猶予制度の「所得が一定額以下」とは、扶養親族等の人数によっても異なりますので、詳しくは市役所保険年金課へお問い合わせください。


関連情報

リンク

お問い合わせ

保健福祉部 保険年金課
Tel (直通)046-235-4594・4596国保年金係/9398賦課徴収係/4595高齢者医療係

>>お問い合わせフォーム