国保届出一覧

   <加入資格>

   市町村または特別区の区域内に住所を有する人は、当該市町村が行う国民健康保険の被保険者となります。(国民健康保険法第5条)
   ただし、次に掲げる人は除きます。
     (1)職場の社会保険に加入している方とその扶養家族 
     (2)国民健康保険組合に加入している方 
     (3)後期高齢者医療制度に加入している方
     (4)日雇い健康保険に加入している方とその家族
  (5)生活保護を受けている方


    (注)加入資格は、転入された日や、職場の社会保険を脱退された翌日から発生します。届出が遅れた場合でも、資格が発生した日に遡って保険税が賦課されますのでご注意ください。(加入事実の発生した日から2週間以内の届出が必要です)

   
    <国保の各種届出について>
   
   【加入する場合】
   
   ●海老名市に転入したとき 
    前住所地の転出証明書 
     ※世帯員が追加のときは国民健康保険証 、個人番号カードまたは通知カード
    
   ●勤務先の健康保険などをやめたとき,または被扶養者でなくなったとき 
    勤務先などの健康保険資格喪失証明書 
    ※世帯員が追加のときは国民健康保険証 、個人番号カードまたは通知カード

   ●健康保険などの任意継続の期間が終了したとき 
    任意継続の資格喪失証明書 
    ※世帯員が追加のときは国民健康保険証、個人番号カードまたは通知カード

   ●生活保護を受けなくなったとき 
    生活保護廃止決定通知書 
    ※世帯員が追加のときは国民健康保険証 、個人番号カードまたは通知カード

   ●子どもが生まれたとき 
    国民健康保険証、個人番号カードまたは通知カード
    ※出産育児一時金の申請をされる場合は印鑑(朱肉を使うもの)、通帳(振込先がわかるもの)、医療機関等からの領収・明細書、「出産育児一時金直接支払制度」にかかる合意文書
 
   <注意> 
   1.厚生年金または共済年金等を受けている65歳未満の方は、退職者医療制度の手続きが必要になりますので年金証書もあわせてお持ちください。 
   2.新規で加入される場合は、保険証が書留郵便で発送されますので、お手元に届くまで数日かかります。
    すぐに医療機関へ受診される予定のある方には【国民健康保険療養給付受給資格証明書】を発行することができます。
    その際には、運転免許証など写真付の身分証明書、印鑑(朱肉を使うもの)が必要となりますので、あわせてお持ちください。


   【脱退する場合】

   ●市外に転出するとき 
    国民健康保険証、個人番号カードまたは通知カード 

   ●勤務先の健康保険などに加入したときまたは被扶養者となったとき 
    国民健康保険証、勤務先の新しい保険者証または加入証明書、個人番号カードまたは通知カード 

   ●生活保護を受けるようになったとき 
    国民健康保険証、生活保護開始決定通知書、個人番号カードまたは通知カード 

   ●死亡したとき 
    国民健康保険証、高齢受給者証(70歳以上の方)、個人番号カードまたは通知カード
    葬儀の領収書、世帯主の方(又は葬儀費用を負担された方)の通帳(振込先がわかるもの)、印鑑(朱肉を使うもの) 


   【変更届が必要な場合】 

   ●市内で住所が変わったとき 
    国民健康保険証、個人番号カードまたは通知カード 

   ●世帯主・氏名が変わったとき 
    国民健康保険証、個人番号カードまたは通知カード 

   ●学校へ行くため,他市町村に住民票を移すとき
    国民健康保険証、在学証明書(学生証)、印鑑(朱肉を使うもの)、個人番号カードまたは通知カード

   ●市外の施設に入(退)所したとき 
    国民健康保険証、入所証明書、個人番号カードまたは通知カード 

   ●保険証を汚したりなくしたとき 
    国民健康保険証(汚したとき)、印鑑(朱肉を使うもの)、運転免許証などの写真付の身分証明書、個人番号カードまたは通知カード
   
   ●退職者医療制度の対象となったとき 
    退職被保険者本人:国民健康保険証、年金証書、個人番号カードまたは通知カード 
    被扶養者:国民健康保険証、個人番号カードまたは通知カード
 


関連情報

リンク

お問い合わせ

保健福祉部 保険年金課
Tel (直通)046-235-4594・4596国保年金係/9398賦課徴収係/4595高齢者医療係

>>お問い合わせフォーム