「海老名市特定事業主行動計画」の策定について

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1004015  更新日 平成30年5月17日 印刷 

市では、次世代育成支援対策推進法に基づく「海老名市特定事業主行動計画」を策定しました。
この行動計画は、従来の「次世代育成支援対策法に基づく行動計画」を見直すとともに、女性活躍推進法に基づく計画を新たに加え、次代の社会を担う世代の育成支援や女性の活躍を推進するものです。
(計画書は、このホームページからダウンロードできます。)

概要

1 次世代育成支援対策法に基づく行動計画

(1)目的

職員が仕事と子育ての両立を図ることに寄与するとともに、職員ニーズに即した次世代育成対策を計画的かつ着実に推進するため

(2)計画期間

平成32年3月31日まで

(3)具体的な取組み

  • 妊娠中及び出産後における配慮
  • 男性の子育て目的の休暇等の取得促進
  • 育児休業等を取得しやすい環境の整備等
  • 時間外勤務の縮減
  • 休暇の取得の促進

(4)目標

  • 男性・女性の出産育児関連の特別休暇取得:100%
  • 育児休業・部分休業・育児短時間勤務の取得:男性 10%、女性 100%
  • 各職員の年間超過勤務時間数:360時間以内
  • 年次有給休暇の平均取得日数:12日以上

2 女性の職業生活における活躍の推進に関する法律に基づく行動計画について

(1)目的

女性の個性と能力が十分に発揮され、職業生活における活躍を推進し、豊かで活力のある社会の実現を図ることに寄与するため

(2)計画期間

平成32年3月31日まで

(3)女性の活躍に関する状況の把握と課題分析

女性管理職の割合が低い、男性の育児休業取得率が低いことなどが挙げられる。

(4)目標

  • 管理職(課長相当職以上)における女性割合:25%以上
  • 消防本部における女性消防吏員比率:5%以上

(5)目標を達成するための取組み

  • 人事評価などを活用することで、適時適切な人材配置や任用を行う。
  • 女性消防吏員のキャリア形成、ライフステージに応じた人事上の配慮などを行う。

公表

1 女性活躍推進法第15 条第6項の規定に基づく実施状況の公表

特定事業主行動計画(女性活躍推進法)の目標及び実施状況(平成30年4月1日現在)を公表します。(資料は、このホームページからダウンロードできます。)

2 女性活躍推進法第17条の規定に基づく女性の職業選択に資する情報の公表

平成30年度の女性の職業選択に資する情報を公表します。
(資料は、このホームページからダウンロードできます。)

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)

このページに関するお問い合わせ

市長室 職員課
〒243-0492 神奈川県海老名市勝瀬175番地の1
電話番号 人事研修係:046-235-4502、給与厚生係:046-235-4503
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。