海老名駅自由通路のイベント等利用について

ページ番号1003864  更新日 平成30年6月20日 印刷 

海老名駅自由通路は募金や広報活動(チラシ類の配布)、音楽活動などの目的で利用することができます。

規模・利用内容に応じて、あらかじめ指定管理者の承認が必要となります。条件などをご確認のうえ、利用ください。


写真:海老名駅自由通路 利用推奨場所
図:イベントなどで利用を推奨している場所
写真:利用推奨場所を示すマークのイメージ
利用を推奨している場所の範囲をマークで示しています。
活動の際に、参考にしてください。

海老名駅自由通路で以下の条件に該当する利用を行う場合は、事前に指定管理者にご連絡いただき、申請書類を利用したい日の2週間前までに指定管理者宛てに提出して下さい。
利用当日は、指定管理者より発行された海老名駅自由通路利用承認通知書を必ず持参してください。


事前に承認が必要となる利用の条件

以下の項目に1つでも該当する場合は、事前に承認が必要です。

  • 10平方メートル以上かつ1時間以上継続して利用
  • 営利を目的とした利用

1つも該当しない場合は承認を必要としませんが、その場合であっても、歩行者の支障にならないようご配慮ください。


申請から実施までの流れ

1.事前相談(仮予約)

指定管理者に電話などで空き状況を確認してください。

2.申請書類の提出

イベントの2週間前までに指定管理者まで提出してください。

企画書を添付してください。

※申請書式などは当ページ下部からダウンロードしてください。

3.承認通知書の発行
指定管理者から送付します。
4.イベント実施
イベント実施時には、承認通知書を持参してください。
5.利用料金の支払
指定管理者から請求書類が送付されます。

申請・問い合わせ先

指定管理者
海老名駅自由通路小田急グループ
受付時間
午前10時から午後5時まで(土、日曜、祝日を除く)
電話、ファクス
03-3349-2466
メール
ebina01@odakyu-dentetsu.co.jp
郵送
郵便番号160-8309
東京都新宿区西新宿1-8-3
小田急電鉄株式会社
海老名駅自由通路指定管理者事務局

申請書類

  1. 海老名駅自由通路利用承認申請書
  2. 海老名駅自由通路利用承認可能範囲図
  3. 企画書、配布するチラシの見本など、利用目的のわかるもの

利用には、原則として指定管理者への利用料金の納付が必要です。
※公益上その他特別な理由がある場合、利用料金が減免されることがあります。

利用一覧

区分 利用時間 利用の単位 利用料金
募金、署名活動、広報活動その他これらに類する行為

午前8時から

午後8時まで

1平方メートルにつき1回 650円
催事、興行その他これらに類する行為
音楽活動その他これらに類する行為

午前10時から

午後9時まで

業として行う写真又は映画などの撮影 1日 10,000円

備考

利用の単位が面積で定められている場合において、利用面積が1平方メートルに満たないとき又は1平方メートル未満の端数を生じたときは、その端数を1平方メートルとして計算する。

条例の規定に関する「審査基準」・「適用基準」について

海老名駅自由通路は、条例の規定に基づき管理、運営を行っております。

この条例の規定に従い判断するための基準として、利用の承認の申請をする場合の「審査基準」を制定しています。

また、条例で定める施設の禁止行為に関する「適用基準」を制定しています。

これらの基準は詳細は、添付ファイルのとおりとなります。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)

このページに関するお問い合わせ

まちづくり部 市街地整備課 施設管理係
〒243-0492 神奈川県海老名市勝瀬175番地の1
電話番号 046-235-9016
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。