海老名市コミュニティバス運転手さんインタビュー

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1007337  更新日 平成30年8月7日 印刷 

コミュニティバスと運転手の写真

海老名市では、近くに鉄道駅や路線バスのバス停がない地域の解消のため、コミュニティバスを運行しています。コミュニティバスは、市内3ルート(国分ルート、上今泉ルート、大谷・杉久保ルート)あり、平日・土日・祝日いずれも同じ運行ダイヤで運行します。

今回、大谷・杉久保ルートのコミュニティバスを担当する運転手さんへインタビューしました。

 

  • 利用者が多いバス停はどこですか?
    大谷地区の「市場」が多いです。住宅が多かったりスーパーが目の前にあったりというのが、多い理由だと思います。時間帯としては、朝の通勤時間帯や夕方の帰宅時間帯の利用者が多いですね。

 

  • どのような利用者が多いですか?
    休日の午前中は海老名サービスエリアを訪れる家族が多いです。従業員の方も頻繁に利用してくれます。

 

コミュニティバスのスロープを使っている様子

  • コミュニティバスの良いところってどんなところですか?
    高齢者の方やベビーカーが乗降しやすいよう、スロープが備え付けられているところです。海老名総合病院やえびなこどもセンターへ向かう方にも安心して利用いただけます。

 

  • 運転手をしていて、うれしかったことはどんなことですか?
    利用者の方からお礼の言葉をいただいた時ですね。「天気が悪い日や荷物が多い時にとても助かっている」というお礼の言葉を多くいただきます。

 

コミュニティバスの運転手とえび~にゃの写真

  • 市民のみなさんにはコミュニティバスをどのように利用してもらいたいですか?
    生活の足として、気軽に利用していただきたいです。もっと利用者が増えてくれたらうれしいですね。

 

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)

このページに関するお問い合わせ

市長室 シティプロモーション課
〒243-0492 神奈川県海老名市勝瀬175番地の1
電話番号 広報係:046-235-4574、営業戦略係:046-235-8567
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。