個人情報保護条例について

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1004066  更新日 平成30年9月3日 印刷 

海老名市では、平成9年、個人情報の保護に関する条例を制定し、個人情報の取扱いの基本的事項を定め、個人の権利利益の保護を図るとともに、市政の公正かつ適正な運営に努めてきたところです。
この間、高度情報通信社会がめざましく進展し、国では平成15年5月に個人情報の保護に関する法律が成立しました。
このような社会状況の変化から、市が保有している個人情報のより適切な取扱いと、自己の個人情報に対する関与をより明確にするため、条例改正を行い、平成17年6月1日から新しい個人情報保護条例を施行しました。

個人情報ってなに?

生存する個人の情報であって、特定の個人が識別される全てのものをいいます。
具体的には、住所、氏名、職業、財産、健康状態や個人に関する評価などの情報です。

どうして個人情報を保護するの?

市では、多くの個人情報を管理し、それらをもとに事務を行っているものがたくさんあります。もし、これらが外部に漏れたり、皆さんが知らないうちに個人情報を集めるようなことがあると、それはプライバシーの侵害になります。
市が預かった個人情報を積極的に保護していくことは、皆さんの権利・利益を保護することになります。

対象となる市の機関はどこ?

この条例を実施する市の機関(実施機関)は、次のとおりです。

  • 市長
  • 教育委員会
  • 選挙管理委員会
  • 監査委員
  • 農業委員会
  • 固定資産評価審査委員会
  • 議会

市が個人情報を取り扱うときのルール

市が個人情報を取り扱うときは、次のようなルールを守ります。

収集の制限

  • 個人情報を収集するときは、個人情報を取り扱う事務の目的を明確にし、その目的を達成する範囲内で収集します。
  • 個人情報を収集するときは、原則として本人から収集します。法令などに基づくときや本人の同意があるときなど、一定の理由があるときは例外となります。
  • 思想・信条・宗教に関する個人情報や社会的差別の原因となるおそれのある個人情報については、原則として収集しません。
  • 書面により個人情報を収集するときは、利用目的を明示します。ただし、収集の状況からみて利用目的が明らかであるときなどは例外となります。

利用や提供の制限

個人情報を取り扱う事務の目的以外のために利用したり提供したりすることは、原則として禁止します。

適正管理

  • 保有する個人情報は、正確で最新の状態に保つよう努力します。
  • 保有する個人情報は、漏洩や紛失などが起こらないようにします。
  • 必要のなくなった個人情報は、確実かつ速やかに廃棄します。

事務の登録

  • 個人情報を取り扱う事務を明らかにするため、事務の名称、目的などを登録した「個人情報取扱事務登録簿」を整備し、皆さんが自由に見ることができるようにします。
  • 市がどのような個人情報を取り扱っているのか知りたい場合は、庁舎1階の情報公開コーナーで登録簿を自由に見ることができます。

市民の皆さんの権利

条例では、次のような権利を保障しています。

開示を請求する権利

自分の個人情報がどのように記録されているのか知りたいときや、内容に誤りがないか確認したいときなどには、市が持っている自分の情報を見たり、写しの交付を請求したりすることができます。
ただし、請求者の個人情報は開示することが原則ですが、非開示事項に該当する場合には、開示されない場合もあります。

訂正を請求する権利

開示された自分の個人情報が事実でないと思われるときは、その訂正を請求することができます。

利用停止等を請求する権利

開示された自分の個人情報が「収集の制限」に反して集められたり、「利用や提供の制限」に反して利用などがされているときは、その消去や利用停止などを請求することができます。

開示請求

開示請求について具体的な手続きを説明します。

開示請求できる人は?

個人情報の本人に限ります。つまり、自分の情報だけしか見ることができません。

請求方法は?

開示請求書を直接、申請窓口である文書法制課へ提出してください。その際には、運転免許証やパスポートなど(官公署発行の写真入りの身分証明書など)で、本人であることを確認させていただきます。詳しくは、こちらの添付ファイルで請求の流れがご覧いただけます。

いつ見ることができますか?

原則として、請求のあった日の翌日から起算して14日以内に決定し通知します。

費用はかかるの?

手数料は無料です。ただし、写しの交付は、実費として白黒印刷については1面につき10円、カラー印刷については1面につき50円が必要です。

日常生活での個人情報保護も重要

この条例では、「市民の役割」も定められています。

市民の皆さんも、日常生活での個人情報保護の重要性を認識していただき、自らの個人情報の保護に努め、他人の個人情報の取扱いについても、そのプライバシーを侵害しないようにしましょう。

個人情報の開示及び行政文書の公開状況

個人情報の開示状況と行政文書の公開状況についてはこちらの添付ファイルでご覧いただけます。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)

このページに関するお問い合わせ

市長室 文書法制課
〒243-0492 神奈川県海老名市勝瀬175番地の1
電話番号 文書法制係:046-235-4542
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。