社会福祉法人の指導監査について

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1003309  更新日 平成30年2月26日 印刷 

適正な法人運営と円滑な福祉事業の経営を確保するため、監督官庁(所轄庁)が運営全般に対して積極的に助言、指導を行うこととされています。

定期指導監査の実施

海老名市では、社会福祉法の趣旨を踏まえ、厚生労働省の通知などに基づき、社会福祉法人の適切な運営の確保のため、海老名市が所轄庁となる法人に対し、原則2年に1回実地監査を行います。

実施方針・重点事項

重点的・効率的に指導監査を実施するため、重点事項等を掲げる指導監査方針を策定しています。

指導監査における提出資料について

海老名市が社会福祉法人の指導監査を行う際には、法人の皆様から事前に資料を提出していただいております。
提出資料の様式については、随時内容の見直しを行う場合がありますので、監査の実施通知がお手元に届いてからダウンロードするようにしてください。

平成27年度実施の指導監査結果について

昨年度の監査結果について、下記よりご覧いただけますのでダウンロードしてください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部 福祉政策課
〒243-0492 神奈川県海老名市勝瀬175番地の1
電話番号 046-235-4820
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。