自転車の安全運転を心がけましょう

ページ番号1006076  更新日 平成30年2月20日 印刷 

自転車は、車の仲間です。交通ルールを守り、安全運転を心がけましょう。

通勤・通学の時間帯は特に注意をしましょう

イラスト:ライト点灯した自転車

通勤・通学の時間帯は、車や自転車、歩行者などで道路が混み合います。

周囲に目を配り、安全な走行を心がけましょう。

また、夜間は早めのライト点灯で身を守りましょう。

交通ルールを守りましょう

イラスト:携帯を見ながら自転車運転

  1. 自転車は、車道の左側を走行しましょう
  2. 歩道を通行する場合は、歩行者を優先し、車道寄りを徐行しましょう
  3. 飲酒運転や二人乗り、携帯電話を操作しながらの運転は、危険ですのでやめましょう (交通違反罰則の対象となります)
  4. 一時停止などの標識や信号は、必ず守りましょう
  5. 子どもにはヘルメットを着用させましょう

標識紹介

標識:自転車は通行できません、一時停止、歩行者と自転車のみ通行できる専用道路

自転車の保険に加入しましょう

TSマーク (Traffic Safety)

自転車安全整備士が普通自転車を点検・整備して、安全の確認をしたときに貼られるマークです。
このマークが貼られている自転車には、傷害および損害賠償責任保険が付加されます。(下記のページを参照して下さい)

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)

このページに関するお問い合わせ

市民協働部 地域づくり課
〒243-0492 神奈川県海老名市勝瀬175番地の1
電話番号 地域振興係:046-235-4793、交通防犯推進室:046-235-4789
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。