危険行為を繰り返すと、『自転車運転者講習』の受講が命じられます!

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1002791  更新日 平成30年2月28日 印刷 

道路交通法の改正により、平成27年6月1日から信号無視や一時不停止など特定の『危険行為』を過去3年以内に2回以上繰り返すと、「自転車運転者講習」の受講が命じられます!
今回の道路交通法の改正には2つのポイントがあります。
(詳細については全日本交通安全協会のホームページをご参照ください)

  1. 「自転車運転者講習」の受講が義務化
    [ 法第108条の2 第1項 第14号 ] [ 法第108条の3の4 ] [ 令第41条の3 ]
  2.  運転免許証の取り消しに関する改正
    [ 法第92条の2 ]

1.「自転車運転者講習」の受講が義務化

自転車が関係する交通事故の約6割が、自転車側も法令違反であるのが実態であり、加害者となって高額の賠償を命じられるケースも少なくありません。

このため、危険な違法行為を繰り返して行った自転車運転者に対し、危険防止のための講習の受講を命じる制度が新設されました。

信号無視や酒酔い運転、一時不停止など、特定の「危険行為」を過去3年以内に2回以上繰り返すと、「自転車運転者講習」の受講が命じられます。

自転車運転者講習とは?
自転車の運転に必要な適性や個別的指導を含む3時間の講習です。[ 規第38条 第14項 ]
講習手数料5,700円(標準額)は受講者の負担となります。[ 令第43条 第1項 ]

また、この命令を受けてから3カ月以内の指定された期間内に受講しなかった場合は、5万円以下の罰金が科せられます。[法第120条第1項第17号]

「自転車運転者講習」受講義務の対象となる危険行為の概要[令第41条の3]
No 項目 内容
1 信号無視
[法第7条違反]
信号無視
2 通行禁止道路(場所)の通行
[法第8条第1項違反]
「歩行者用道路」など、道路標識等で自転車の通行が禁止されている道路や場所(歩行者天国)などを通行する行為
※警察署長の許可を得た場合は除きます。
3 歩行者用道路での歩行者妨害
[法第9条違反]
自転車の通行が認められている歩行者用道路を通行する際に、歩行者に注意を払わなかったり、徐行しなかったりする行為
4 歩道通行や車道の右側通行等
[法第17条第1項、第4項又は第6項違反]
車道と歩道等が区別されている道路で歩道を通行したり、道路(車道)の右側を通行する行為
※道路の右側に設けられた路側帯を通行する行為もこの違反になります。
5 路側帯での歩行者の通行妨害[法第17条の2第2項違反] 自転車が通行できる路側帯で歩行者の通行を妨げるような速度と方法で通行する行為
6 遮断踏切への立ち入り
[法第33条第2項違反]
遮断機が閉じていたり、閉じようとしていたり、または警報機が鳴っているときに踏切に立ち入る行為
7 左方車優先妨害・優先道路車妨害等
[法第36条違反]
信号のない交差点等で、左からくる交差車両や優先道路などを通行する交差車両等の進行を妨害したり、交差点に入るときに徐行しないなどの行為
8 右折時、直進車や左折車への通行妨害
[法第37条違反]
交差点で右折するときに、その交差点で直進や左折をしようとする車両等の進行を妨害する行為
9 環状交差点安全進行義務違反等
[第37条の2違反]
環状交差点内を通行する車両等の進行を妨害したり、環状交差点に入るときに徐行をしないなどの行為
10 一時不停止
[法第43条違反]
一時停止標識等を無視して交差点に進入したり、交差道路を通行する車両等の進行を妨害する行為
11 歩道での歩行者妨害等
[法第63条の4第2項違反]
歩道の車道寄りの部分や通行指定部分を徐行しなかったり、歩行者の通行を妨害しそうなのに一時停止しないなどの行為
12 制動装置不備の自転車の運転 [法第63条の9第1項違反] ブレーキ装置がなかったりブレーキの性能が不良な自転車で走行する行為
※前輪・後輪の一方にしかブレーキがない自転車で走行する行為も違反です。
13 酒酔い運転
[法第65条第1項違反]
飲酒運転
14 安全運転義務違反
[法第70条違反]
ハンドルやブレーキ等を確実に操作せず、また他人に危害を及ぼすような速度や方法で運転する行為
※傘さし運転やながらスマホ運転で事故を起こした場合も、安全運転義務違反になることがあります。

2.運転免許証の取り消しに関する改正

「一定の病気」(てんかん・統合失調症・認知症等)に該当することなどを理由に免許を取り消された場合で、その後、3年以内に症状が改善するなどして免許を再取得した人については、取り消されていた期間の前後の免許が
継続していたものとみなされ、合計期間が5年以上で無事故・無違反であれば「優良運転者」となります。[ 法第92条の2 ]

※「優良運転者」になると、免許証の有効期間が5年になる、更新時の講習が短時間ですむ等のメリットがあります。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)

このページに関するお問い合わせ

市民協働部 地域づくり課
〒243-0492 神奈川県海老名市勝瀬175番地の1
電話番号 地域振興係:046-235-4793、交通防犯推進室:046-235-4789
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。