避難所運営訓練に参加しよう!!

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1007564  更新日 平成30年8月30日 印刷 

避難所運営訓練にぜひご参加ください!!

 最近の大雨や地震などの災害は大規模かつ激甚化しやすくなっています。海老名市もいつ大きな災害に見舞われるかわかりません。災害が発生し、万一、避難を余儀なくされたときのために、避難所運営訓練に参加しましょう!

 この訓練は、地震災害の発生により避難所開設期間が長期化することを想定し、避難者自身が主体となって避難所運営をすることによって、避難所運営における共助の必要性・重要性を体験することを目的としています。

 この訓練では、情報班(市との情報伝達他)、物資班(炊き出し他)、救護班(負傷者の把握他)、衛生班(トイレ組立他)の役割を実施します。

避難所運営訓練の様子
左:立ち入り禁止区域の設定、中央:想定訓練の様子、右:トイレの組立

 訓練は、海老名市内31か所の避難所予定施設において実施します。避難所によって日程がそれぞれ異なるため、下記の日程表を確認し、自宅から最寄りの避難所予定施設で行われる避難所運営訓練はもちろん、その他の場所においても参加が可能です。是非、ご家族やご近所の方と一緒にご参加ください。

※国分寺台文化センターは、大規模改修工事中のため実施しません。

避難所運営訓練日程表

避難所運営訓練日程表

 

※ 訓練日は、暑いことが想定されます。各自で飲料水などを準備し、熱中症にならないよう注意してください。

※ 都合の合う方は、複数の訓練会場に参加していただくことも可能です。

訓練参加の流れ

1 「避難所運営訓練日程表」の中から、「避難所予定施設(訓練会場)」の訓練開始日時を確認してください。

2 訓練当日の午前9時に放送されるサイレンにあわせ、自宅にて「地震から身を守る安全行動(シェイクアウト)」を実施します。

(1)ドロップ:まず低く!(2)カバー:頭を守り!(3)ホールド・オン:動かない!(1分間程度)
地震から身を守る安全行動(シェイクアウト)の図

※ 実際に災害が発生したときは、シェイクアウトのあとにブレーカーを落とし、安否確認フラッグを掲出しましょう。

3 訓練開始時間に間に合うように自宅から徒歩で避難を開始します。

 ※実際に避難するときに危険となりそうな箇所などを確認しながら避難しましょう。

 

 

 

 

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)

このページに関するお問い合わせ

市民協働部 地域づくり課
〒243-0492 神奈川県海老名市勝瀬175番地の1
電話番号 地域振興係:046-235-4793、交通防犯推進室:046-235-4789
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。

教育部 教育総務課
〒243-0422 神奈川県海老名市中新田377
電話番号 総務係:046-235-4916、施設係:046-235-4917
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。