海老名市保護者負担経費検討委員会(第5回)結果

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1007353  更新日 平成30年7月11日 印刷 

日時

平成30年3月27日(火曜日)午後3時30分から午後5時25分

場所

えびなこどもセンター 201会議室

出席者

委員


岡田委員長、秋山副委員長、市川委員、中村委員、瀧井委員、吉崎委員、塩見委員、飛矢崎委員、宮原委員、竹島委員、金指委員、奥泉委員

 

海老名市教育委員会


伊藤教育長、別府就学支援課副主幹、山本就学支援課係長、大乘就学支援課主事

概要

1 開会 委員長
2 挨拶 教育長
3 議題

(1)中学校制服・ジャージなどに関する保護者負担軽減策について


【事務局にて概要など説明】
・市教委にて、仕様書の作成と制服などの販売店や価格のホームページで公開を行う。
・制服とジャージの議論をするうえで、前提としてはデザインの変更は行わない(変更を禁止するものではなく市教委としてデザインの変更を指示することはしない。)
≪制服・ジャージについて≫
・コンペ実施、取扱店、販売店の拡大を案とし、実施の際の流れやメリット、デメリットについて説明
≪運動用Tシャツ・短パン・Yシャツ・ポロシャツについて≫
・仕様を定めた上での自由化が望ましい旨の説明
≪上履き(兼体育館履き)≫
・一定の機能性の確保及び家庭の経済状況による格差を配慮し、各校ごとで統一のもの使用が望ましく、さらにコンペ実施による決定が望ましい旨の説明

【主な意見など(抜粋)】
・仕様書などについて、ホームページで公開することは保護者にとっても分かりやすくていいと思う。
・海老名中学校のこれまでの経緯は、指定ポロシャツから丸首Tシャツを許可し、現在の白Tシャツ(ワンポイントのみ可)となっている。
・上履きは子どもの安全のために一定金額になってしまう。安いものは滑ったり、機能的でなかったりする。
・上履きは6校で同じものを使用しているのか。
 →同じものを使用している。(事務局)
・各校とも上履き兼体育館履きになっているのか。
 →兼用となっている。(事務局)
・ジャージについて、現状では1社による独占状態である。業者間で競争させた場合にどのくらいになるかやってみたい。
・制服については、海老名中学校は現状では2社が取り扱っているが、再来年度からは3社になる予定。

(2)修学旅行の現状と保護者負担軽減策について


【事務局にて概要など説明】
・市内中学校の行先、金額、決定のプロセス、昨年8月に実施した保護者アンケートの修学旅行に関する意見を紹介

【意見など】
・民泊はどの程度の学校で実施しているのか。
 →平成29年度は海老名中学校以外は民泊となっている。その他の年度は民泊の学校が多いと思うが、確認はし   ていない。(事務局)
・中学校は3年間の学習となっている。柏ケ谷中学校は歴史をテーマに1、2年で学習を深め、その集大成として広島に行っている。海老名中学校はテーマは体験となっており、京都から自分たち(班)で奈良まで向かう。ふれあいなら、民泊を取り入れている。
・小学校は前年度に行った時点で、次年度の仮予約をしている現状がある。そのくらいでないと宿が確保できない。
・保護者、生徒の参画が必要なのかもしれない。決定後には保護者に対して十分な説明が必要。

・修学旅行の軽減策について、事務局で素案を考え、次回の検討会で議論していきたい。

(3)今後の予定


・第6回検討委員会
平成30年5月22日(火曜日)午後3時30分~ えびなこどもセンター201会議室

※上記意見は抜粋ですので、詳細は下記「第5回概要」よりダウンロードしてください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)

このページに関するお問い合わせ

教育部 就学支援課
〒243-0422 神奈川県海老名市中新田377
電話番号 就学支援係:046-235-4918、健康給食係:046-235-4921
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。