セアカゴケグモに注意してください

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1003410  更新日 平成30年2月23日 印刷 

写真:セアカゴケグモ(メス)

特定外来生物「セアカゴケグモ」の生息域が拡大しています。海老名市内での生息は確認されていませんが、神奈川県では、厚木市・大和市・川崎市などで確認されています。

セアカゴケグモは、基本的には、おとなしく攻撃性はありませんが、素手で触るとかまれることがあります。特にメスは毒を持っているため、素手で捕まえたり、触らないよう注意が必要です。

セアカゴケグモの生息する場所

日当たりが良い暖かい場所を好みます。
排水溝の側面、植木鉢の裏側、公園の花壇、自動販売機やエアコン室外機の下側、サンダルの内側などで見つかっています。

セアカゴケグモの生態

セアカゴケグモの成熟したメスの体長は、約0.7センチメートル~1センチメートル。全体が光沢のある黒色で、腹部の背面に目立った赤色の縦条があります。また、詳しい生態などについては、リンクの環境省のホームページをご参照ください。

セアカゴケグモにかまれた!

  • かまれた部分のまわりが腫れて赤くなったり、痛みが全身に広がる場合もあります。
  • 悪化すると、多量の汗をかいたり、さむけ、はき気などがあらわれることもあります。
  • 通常は、数日から数か月で回復する例が多く、かまれても重症になることはほとんどありません。

素手で触らない限りかまれることはありませんが、万一かまれたときには、余分の毒を流水や石けん水で洗い落とします。多少出血があっても、包帯や止血帯はしないほうがいいでしょう。

また、できるだけ早く医療機関で治療を受けることが大切です(医療機関には、かまれたクモを殺して持参されれば適切な治療につながります。)。

海老名市内でセアカゴケグモを発見した場合

  • 駆除するには、家庭用殺虫剤(ピレスロイド系)を用いるほか、熱湯をかける等の方法でも構いません。
  • セアカゴケグモかどうか疑わしい場合は、環境みどり課(下記「お問い合わせ」)までご連絡ください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)

このページに関するお問い合わせ

経済環境部 環境課
〒243-0492 神奈川県海老名市勝瀬175番地の1
電話番号 環境共生係:046-235-4912、資源循環係:046-235-4922、収集業務係:046-231-3366
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。