自転車等放置禁止区域について

ページ番号1003645  更新日 平成30年4月5日 印刷 

市では,自転車放置禁止区域を指定し,区域内に自転車・原付が放置されている場合に撤去を行っています。
なお,チェーンなどで歩道などの安全柵などに固定している場合には,撤去するための必要行為として,チェーン錠を切断する場合があります。この場合,撤去に際しての錠前などの一部の破損については責任を負いません。

放置とは?

条例では,『自転車等が駐車指定場所以外の場所に置かれており、かつ、当該自転車等の利用者が当該自転車等からはなれているため、直ちに当該自転車等を移動できない状態』となっています。
自転車等放置禁止区域は以下のとおりです。

1.撤去後の流れ

自転車等放置禁止区域内で撤去した自転車・原付は、市の放置自転車保管場所に移動します。なお、防犯登録のある自転車およびナンバープレートが付いている原付で、所有者照会で持ち主が判明したものについては、引き取り通知のはがきをを送付しています。

  1. 撤去(自転車・原付)
  2. 保管場所へ移送・保管
  3. 保管後,1カ月以上経過したものについては処分

2.返還に必要なもの

  • 本人であることと住所が確認できるもの
    (運転免許証・健康保険証・学生証など)
  • 撤去保管料
    • 市内在住:自転車 1,000円 原付 2,000円
    • 市外在住:自転車 2,000円 原付 4,000円
  • その他 印鑑、自転車・原付の鍵など

3.返還

月曜日~土曜日 午前8時30分から午後6時まで
※日曜・祝祭日・市役所の年末年始休業日は、お引き取りできません

4.保管場所

大谷保管場所

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)

このページに関するお問い合わせ

まちづくり部 市街地整備課 施設管理係
〒243-0492 神奈川県海老名市勝瀬175番地の1
電話番号 046-235-9016
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。