20歳になったら国民年金

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1002951  更新日 平成30年4月1日 印刷 

加入手続

国民年金への加入は、日本国内に住む20歳以上60歳未満のすべての方(外国籍の方も含みます)に法律で義務付けられています。
20歳になりましたら、海老名市役所国保医療課または、厚木年金事務所で加入の手続をお願いいたします。

加入の際は、資格取得届書を持参(日本年金機構から届いていれば)のうえ、手続をしてください。
ただし、厚生年金に加入されている方は必要ありません。20歳前に厚生年金に加入し、その資格を喪失している方は年金手帳を持参してください。

いざという時のために

国民年金は、やがて訪れる老後や、生活の安定を損なう万が一のことに備えて保険料を出し合い、加入者同士が互いに支え合う制度です。
国民年金は、老後の生活を保護する「老齢基礎年金」だけでなく、一家の働き手がなくなった際に支給される「遺族基礎年金」もあります。
また、交通事故や病気、またはスポーツでのけがなどで障がいが残ってしまった方に「障害基礎年金」が支給される場合があります。
ただし、これらの年金の支給を受けるには、必ず国民年金制度に加入し、保険料を納付期日までに納めることが必要となります。

保険料納付が困難な方へ

学生の方には、「学生納付特例」制度が、そうでない方には「保険料免除」制度がありますので、ご申請ください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページに問題点はありましたか?(複数回答可)

このページに関するお問い合わせ

保健福祉部 国保医療課
〒243-0492 神奈川県海老名市勝瀬175番地の1
電話番号 国民健康保険係、国保:046-235-4594、年金:046-235-4596、高齢者医療係:046-235-4595、福祉医療・手当係:046-235-4823
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。